松江

2002/4/30

泊まった、公園
連休ですね、やはり、どこかへ出かけたいですね、で、松江へ行きました。
福岡から高速で下関まで、下関からは191号線を走ります、出発は21時ごろ、夜中に走ります、でもドライバーは私一人、だから1時ごろ途中の公園で車中泊。
翌朝6時起床です(眠いだろうって?、車の中なので自然に目が覚めます)。


橋があった
191号線から9号線に入りひたすら松江を目指します、途中面白そうな橋があったので寄り道、ここで朝ご飯、(もちろん、コンビニのお弁当です)。近くにきれいな海岸がありました。

漁師さんが潜っていた
ここで遊んでいると、100mほど離れた水面に黒いものがもぐるのが見えました、何だろうと皆で見つめていると、再び水面に黒いものが、「あ、出た!」大声で叫んだのですが、それは、潜って漁をしている漁師さんでした(きこえたかなー)。


このしめ縄の下に
コインを投げ上げるのだ
再び9号線へ、12時ごろ出雲大社へ到着、「ふむふむ、これがかの有名な出雲大社か」などと感心しながら見学、ところで、ここのしめ縄の下でみな何かしている、良く見るとコインを投げ上げて、しめ縄の下にはめ込もうとしているのだ、うまくはまるとどのような御利益があるのか知らないが、さっそく試してみる、やってみると一度で成功、(なんか御利益がありそうだ)

しろうさぎがサメを
だまして渡ろうとした島

で、出雲大社の近くが海岸になっていて、そこに小さな島がありました。これぞ因幡のしろうさぎの島です(に違いないと思われます)、例のサメをだまして島に渡ろうとして失敗したウサギです。でも、そのような説明はどこにも書いてありません。(おかしいな、絶対そうだと思うんだが)


日御碕灯台

なんでも最先端が好きな私は、次は日御碕灯台へ向かいます。駐車場に車を停めても、どこが灯台だか分かりません、とにかく、お土産屋さんの迷路を通り抜けると灯台がありました。(良く考えています)
続いて、宍道湖、これはやはりすごいです、向こう岸が見えないくらい大きいです。
とりあえず松江を通過して中海へ向かいます。中央の島を利用して海の真ん中に堤防が作られています、すごいものですが、なんでこんな所に堤防が必要なのかは良く分かりません。


よく考えられた
三保関灯台
なんでも最先端が好きな私は、次は美保関灯台へ向かいます。漁村の中の細い道を通って灯台に到着、ここの灯台は高さがかなり低い灯台です。(そうです、もともと、岬の上に建っているんだから灯台自体の高さなんて必要ないんです、良く考えています)
暗くなってきたので、松江で予約していたホテルに1泊。


手に乗ってえさを食べるはと
翌朝、松江城へ、はとがいたので、えさをあげます、えさはとってもまずくて食えなかった、クッキーです、はとは喜んで食べてくれます。(味覚が違うのか、それとも、満足にえさをもらっていないのか?)
えさを手に持っていると、はとが手に乗ってきます、これは楽しいです。
一畑薬師寺と三瓶山へ行って、後は、延々と福岡へ向かって走ります。10時ごろ我が家へ到着。

ディオンです
トップへ
14